2021年10月25日

●綺麗に道を歩くということ。

私たちの出身大学。

マイアミにあるバーバラブレナンの大学の時の同級生が、

亡くなったという知らせが届きました。

 彼女は、素晴らしいアーティストで、亡くなる寸前に、

「そろそろ意識の移行が始まりそうよ」

と、近くにいた友達に自ら話をしていたそうです。

 その時に、撮影された彼女の姿がすごく美しくて、

私はその写真を見て、思わず感動して泣き崩れてしまいました。

 私たちの死は、物質的な肉体を失っても、

別の次元への意識の移行に過ぎないと、よく言われます。

 それは知りつつも、3次元に住んでいる私には、

愛する友人を失ったという事には、

やはり喪失感と痛みを伴います。

だけど、彼女の最後表情は、

どこか近い未来を見ていて、悲しげではなく、

とても神聖で美しかった。

おそらく彼女自身が寝室に書いたのであろう壁には、

教会のような絵が書かれてあって、

ベッドはその前におかれていて、

彼女は、まるで、絵のような姿でした。

 私は、彼女は、自分の書いた絵の中に帰って、

自身のアートと統合されたんだなと思いました。

 大学卒業の後も、彼女と交流を続けていた音楽家の女友達は、

「彼女は私にアーティストとしての本当のあり方を教えてくれた」

と、仲間たちに投稿していました。


そういう神聖な表現者とは、

かけ離れたマインドを持った人たちの姿もたくさん見ます。

そういう人でさえ、自分をよくするために、

その方法を選んでいるんだと思うようにしています。


私も夫の宮川雅彦も、

自分の表現を、お金や肩書きや、社会的な居場所のために汚すことなく、

楽しく歩いて来られたということは、

本当に幸せなことだと思います。


 

2021年10月16日

●私は、自分を良くするために歌っている。


私の夫、うさちゃん、宮川雅彦は言葉を扱う職業で、

セラピスト、脚本家、役者、演出家をしています。


まだ夏のような日差しの中で、

私たちは、朝、宜野湾のビーチを歩きながら、

表現者の社会的な役割について話していました。


「私は、自分を良くするために、

音楽を作っているのだと思う」

潮風に吹かれながら、

ふと浮かんで来た気づきでした。


自分を良くするため...。

自分を良くするためにすることは、

気分がいいし。

正直で純度の高い状態です。


声や楽器を思うように扱えなかったり、

いいアイディアが浮かばなかったりしても、

「自分の内側を探す」という行為そのものは、

自分の内側に本当のことがあると、

知っているということだから、

とてもいいことです。


きっと、どんな人も、

いろんな方法で、

自分を良くするために生きている。


個人が、自分をよくするために生きるエネルギーは、

他の人もよくする。


だから、全ての人が究極は、社会を良くするために生きている。


自分を良くするための装置は、自分の内側にある。


私の卒論は、『アート・オブ・メディソン』

アートと医療の関わりについてでした。


芸術の始まりは、医療の一部だった。

もともと、ギリシャ時代は、

芸術は医療、薬として扱われていたそうです。


私は自分の内側を良くするために、

音楽を作ったり、歌ったりしているのだと思う。

IMG_3427.jpg


2021年10月12日

●中野督夫さんの存在を感じながら。

昨日の車山での野外ライブに、

東海テレビのクルーの方々が取材にみえました。

この夏の終わりに、未来に一足早く帰られた、

センチメンタルシティロマンスの中野督夫さん。

昨日は、現場で、

日本最古のロックバンド、センチメンタルシティロマンスの軌跡と、

中野さんを最後までサポートされた、

愛ちゃんのドキュメンタリー撮影がありました。

中野さんに、高校の先輩として憧れを抱いていた、

「トリック」をはじめ、多くの作品を手がけた、

堤幸彦監督と、

「人生フルーツ」という素晴らしいドキュメンタリーを撮られた、

東海テレビの伏原健之監督が撮影にいらっしゃり、

私もインタビューを受けました。

督夫さんは、

堤監督の高校時代の先輩なんですって。

その頃から、

センチメンタルシティーロマンスというバンドは、スター!

偉大なバンドだった!

私がセンチの皆さんにお目にかかったのは42年も前!?

竹内まりやさんのバックステージでした。

その時、私は19歳。

「親戚のお兄さん」

という彼らの第一印象は、未だに変わっていません。

謙虚で、無邪気で、楽しくて、

リハーサルでは、笑いが絶えず、

コーラスのハーモニーを決める時は、全員があーだ、こーだと、

みゃーみゃー始まるので、それが可笑しくて、

私は毎回笑いのツボに入り、

しばらくツボから出て来れなくなるという日々です。

笑っているおかげで、嫌なことなんか忘れてしまう。

こんなに人を笑わせる、

幸せにしてくれるロックバンドって!?

しかも演奏もすごい!

だから、彼らは偉大なんだ!

そんなお話もさせていただきました。

秋の風にススキが揺れる、

車山の空を足速に流れていく雲が晴れ、

本番は青空も出て、気持ちの良いライブになりました。

遠くで泣いている愛ちゃんの肩を優しく支えているクニちゃん、

2人が見えました。

「ああ、ここに、彼がいたんだなぁ。

このソロを彼が弾いていたんだなぁーと思ったら、涙がでちゃった。」

愛ちゃんがあとで、そう話してくれました。

サウンドチェックの時に、

蜂が私の目の前でずっと止まって飛んでいました。


蜂と長い間目が合う?

「来るなよ。来るなよ。私んとこに来るなよー?」

と言ったら、隣にいるギターの種田さんのところに飛んでいきました。

あの蜂は督夫さんだったのかな。

愛ちゃんは、

「なんか、彼、ステージで一緒に楽しんでた気がする」

って言ってたし、

うさちゃんは、

「トクさん、ちょろちょろ、うるさい」と笑ってたし、

私は、センチの素晴らしい演奏に、

督夫がさんが、いない気がしなかった。

彼は演奏に参加していたんじゃないかという気がしました。

そして、センチの中では2人の若手、

ギターの種ちゃんとベースの信ちゃんが、

すこぶる腕を上げていて、

ライブ中、ハートをキュンと掴まれた瞬間が何度もありました。

私は幸せだ。

いつも、素晴らしいミュージシャンに仲良くしてもらえて。

このあたたかくて、楽しかった気持ちを抱きしめて、

さあ、沖縄に帰ろう。

245079792_276092464516812_353021554930285650_n.jpg



2021年10月 7日

●Genuine LEGEND DAY~ 伝説のアーティスト、夢の競演 ~

直前のお知らせになり申し訳ありませんが
今週末、長野県茅野市の車山高原SKYPARK RESORTで開催される「G'Fes 2021」に、EPOwith センチメンタル・シティ・ロマンスでの出演が決定しました。
■日程:2021年10月09日(土) 
■タイトル:Genuine LEGEND DAY~ 伝説のアーティスト、夢の競演 ~
■会場:車山高原SKYPARK RESORT特設ステージ
長野県茅野市北山3413
https://www.kurumayama.co.jp/summer/archives/3109
■出演
愛丼「白井良明と大久保ノブオのセッションユニット」
レイニーウッド with 中村耕一
ダイアモンド☆ユカイ
EPO with センチメンタルシティロマンス
三宅伸治 & The spoonful
ジローヤマオカ
竹内一成バンド
司会:大久保ノブオ(ポカスカジャン)
■時間:開場: 10:00 開演: 11:00 終演: 19:00(予定)
■料金:一般席 6,000円(ブロック指定) 大学生以下 5,000円(ブロック指定) ペアチケット 10,000円(ブロック指定) 2日間通し 10,000円(ブロック指定)
*未就学児童は、無料です。



●Genuine LEGEND DAY~ 伝説のアーティスト、夢の競演 ~

緊急事態宣言も解除されて、ようやく少しずつ音楽の活動もできるようになりました。

週末はセンチメンタル・シティー・ロマンスの皆さんと久しぶりの野外です!
急なお知らせではありますが、

長野県茅野市の車山高原SKYPARK RESORTで開催される「G'Fes 2021」に、EPOwith センチメンタル・シティ・ロマンスでの出演が決定しました。
■日程:2021年10月09日(土)
■タイトル:Genuine LEGEND DAY~ 伝説のアーティスト、夢の競演 ~
■会場:車山高原SKYPARK RESORT特設ステージ
長野県茅野市北山3413
■出演
愛丼「白井良明と大久保ノブオのセッションユニット」
レイニーウッド with 中村耕一
ダイアモンド☆ユカイ
EPO with センチメンタルシティロマンス
三宅伸治 & The spoonful
ジローヤマオカ
竹内一成バンド
司会:大久保ノブオ(ポカスカジャン)
■時間:開場: 10:00 開演: 11:00 終演: 19:00(予定)
■料金:一般席 6,000円(ブロック指定) 大学生以下 5,000円(ブロック指定) ペアチケット 10,000円(ブロック指定) 2日間通し 10,000円(ブロック指定)
*未就学児童は、無料です。
*少雨決行、荒天中止
<受付方法>
mail予約:ticket@family.ne.jp
電話予約:0263-88-7922
■主催・お問合せAct9:TEL:0263-88-7922(Act9) mail: act9@family.ne.jp
4人、立っている人、テキストの画像のようです
清水 まり、Yumiko Angela Sugano、他276人
コメント6件
シェア3件
いいね!
コメントする
シェア