2019年11月16日

●AQUANOME!来年の沖縄は、タビックスジャパンで!

お待たせしました。
タビックスジャパンのご協力で5年目のガンがラー公演お得なツアーの受付開始しました。
まずは以下クリックして内容をご確認ください。
<東京からのツアーご希望の方>
ガンガラーチケット+航空券+宿泊+沖縄観光付きツアー
http://tour.tabix.co.jp/jpn_sp/tourlist/...

<圏内の方+ご自分で移動宿泊手配されるお客様>
往復シャトルバス付きチケット
http://tour.tabix.co.jp/jpn/details/tour_preview/...

<チケットのみご予約の方>
チケット予約
Shop eponica(EPO ウェブショップ)https://office012.stores.jp/
イープラス(11/5より) http://eplus.jp/
チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1952106
       電話予約 0570-02-9999 Pコード:169756
<公演の詳細>
EPO AQUA NOME GANGALA vol.5
2020.2.22(土)
ガンガラーの谷ケイブカフェ
https://office012.stores.jp/items/56560152bfe24c4c1f001fea
開場:18:00 開演:18:30
前売:4000円当日:4500円 (整理番号付/別途1ドリンク500円)
出演
EPO(VO.Gt.P)
伊集タツヤ(G) ドン久保田(B) 宮田まこと(G.Perc) 渡辺亮(Perc) 嵯峨治彦(馬頭琴、喉歌)

TOUR.TABIX.CO.JP
激安旅行・格安ツアー・国内旅行・海外旅行|格安航空券・新幹線、飛行機利用の旅行の受付・予約

2019年11月 7日

●2.22 AQUANOME2019 バス送迎付きツアーをご利用ください。

予約が開始されました。

今年は航空券、宿泊、往復チャーターバス付き一泊二日のツアーを作っていただきました。

もちろん往復チャーターバスの予約だけでもOKですので、

航空券宿泊はご自分で手配ということも可能です。

終了時間を気にせず、アルコールもOKのご機嫌なライブ鑑賞もお楽しみください。


EPO AQUA NOME GANGALA vol.5

2020.2.22(土)

ガンガラーの谷ケイブカフェ

https://office012.stores.jp/items/56560152bfe24c4c1f001fea



私が40歳の頃に始めた、AQUANOME

2020年で20年目となります。

宇宙は、私に何を伝えたくて、

この作品たちを私の意識に送ってくれたのでしよう。


沖縄では、20205年目を迎える「EPO AQUA NOME GANGALA

ご予約はこちらから

Shop eponicaEPO ウェブショップ)https://office012.stores.jp/

イープラス(11/5より) http://eplus.jp/
チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1952106
       電話予約 0570-02-9999 Pコード:169756


開場:18:00 開演:18:30 

前売:4000円当日:4500

   (整理番号付/別途1ドリンク500円)

デビュー40周年アニバーサリーイヤー最初のコンサートは「EPO AQUA NOME GANGALA

沖縄南部に奇跡的に残された太古の洞窟ガンガラーで5年目の祭宴です。


メンバーは

ギター伊集タツヤ(from太陽風オーケストラ)

ベースにドン久保田、ギター&パーカッションに宮田まこと(fromトロピカリズム)

京都からパーカッションの渡辺亮。

北海道から馬頭琴、喉歌の嵯峨治彦。

風・水・森すべての音が

太古の記憶を今もなおとどめるガンガラーの谷に響き合い五年目のドラマが紡がれる。

「ここでしか聴けない歌がある。ここでしか聴こえない音がある」

ぜひ一度体験を!

ご予約

Shop eponicaEPO ウェブショップ)https://office012.stores.jp/

イープラス   http://eplus.jp/ 

チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1952106

       電話予約 0570-02-9999 Pコード:169756


主催:エポニカレコード

特別協力:ガンガラーの谷

協力:T-LIFE協定旅館ホテル連盟沖縄地区会 T-LIFE協定施設運輸連盟沖縄地区会

お問い合わせ:エポニカレコード http://www.eponica.net/

電話お問合せ:ガンガラーの谷 098-948-4192 (9:00~18:00)


AQUANOMEの拠点は、東京と沖縄。沖縄のガンガラーの谷で体験していただくAQUANOMEは特別です。

音楽家たちも、その場所のエネルギーに助けられて、

リハーサルで演奏した以上のミラクルな世界を表現してくれます。それが、2枚組の映像と音源の中に込められていますので、

会場で、みなさんと声を重ねる作品などありますから、

予習してくださる方は、是非、ご購入くださいね。

私が40歳になった時、突然、天から降ってくるようにやってきたAQUANOMEの楽曲たち。まるで、天の引き出しから、こぼれ落ちてくるように、私の意識の中にやってきました。

ミラクルとはこういう体験なのかもしれません。

VOICEで使う音は、何度やっても、あの響きにしかなりません。

どこかの国の言葉なのでしょうか?

2019年10月29日

●空気公団・山崎ゆかりさんのアルバム!


彼女の創造過程が好きです。
空気公団・山崎ゆかりさん。
公団という響き。
どこか懐かしい気持ちになります。

子供の頃、世田谷三宿の公団住宅にいたからかしら?
いまや、すごくお洒落な公団住宅に建て替わっている、あそこです。

ゆかりさんの新しいアルバムに2曲、曲のみ書き下ろしいたしました。
彼女の歌を聴いていると、
中途半端だった自分のあの頃の、
甘酸っぱい気持ちや、
時々思い出しては胸の奥がチクンとしたことが、何故か、ふんわりと心を過ぎります。
そして、不思議な時空に連れて行かれます。
場所で言えば、下北沢とか、
下高井戸とか、どうしてなのかわからないけど、高校生だった頃に過ごした、
あのあたりを心が歩いているのです。

曲は私だけれど、ちゃんと、
ゆかりさんの言葉で世界が仕上げられていました。
ステキなアルバムでした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

2019年10月28日

●The Organ bank!

The Organ bank、東京公演、無事に終わりました。

出演:EPO(Vo.P) / 鬼怒無月(G)/コモブチキイチロウ(B)/岡部洋一(Perc)/向島ゆり子(Vn.Via.Acc)
Reading 宮川雅彦

たくさんの方々にご来場いただき、本当に嬉しかったです。
素晴らしいメンバーと作り上げた音の世界。また、来年も継続して日本全国駆け回りますので、皆さん応援してくださいね。

ライブで拡張したエネルギーが、程よく収縮を始めています。
お客様や、友人たちからたくさんのフィードバックが届きました。
その内容は、まるで、素敵な音楽を聴いた時のようで、私は、感動して、うるうるしています。
私は、レコード会社と事務所をやめたあと、身の丈で、私がやりたいことをやるための会社をのんびり始めました。
昔なら経験できなかった、ダイレクトな喜びや感動を経験できるようになりました。
これこそ、今の私の豊かさの基準。
写真は葉山の仲良し。
フォトグラファーのミヤジシンゴさん。

今後も大好きな友人、
音楽仲間たちと、よい気の流れる、
丁寧な活動をしていきたいと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、夜
画像に含まれている可能性があるもの:3人、宮田 まことさんを含む、オンステージ(複数の人)、演奏(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:3人、オンステージ(複数の人)、演奏(複数の人)、室内

2019年10月23日

●The Organ Bankは、何故生まれたか

映像は、新曲のリハーサル風景。
『Don't push yourself!』(自分をいじめないでね)

"言いたいこと 言いたいように
言いたい人がしゃべっているだけ
噂話が 本当かどうか
真実なんて関係がないの
勝手に思い込んで
勝手に楽しんでいる

私も多分同じ
So!
You Should be yourself!(あなたはあなたでいるべきよ)

泣きたい時は泣いたっていいのよ?
心にためて いいことなんかない

自分をいじめないでね
大事な体、大事な心を!

聞きたいように 聞きたいことしか
聞かないのが 家族ってものなの

諦めれば 簡単なこと
自分のことわかって欲しくても

勝手に期待をして、
勝手に傷ついてる
負け試合はもうやめようね。

So!
You Should be yourself!(あなたはあなたでいるべきよ)

なりたい自分が、本当の自分よ!"

2019年10月25日(金)
~ EPO Run up to the 40th anniversary Tour ~
The Organ Bank @ Quintet

会場:渋谷eplus LIVING ROOM CAFE&DINING (東京・渋谷)  

出演:EPO(Vo.P) / 鬼怒無月(G)/コモブチキイチロウ(B)

/岡部洋一(Perc)/向島ゆり子(Vn.Via.Acc) Reading / 宮川雅彦
時間:18:00 Open 19:00 Start~ ※2部制・入替なし
料金:全席指定 ¥6,500(税込、飲食代別途)ワンフードワンドリンク
    未就学児童入場不可。お席は相席になる可能性がございます。
ご予約: イープラス > https://eplus.jp/epotheorganbank/
   渋谷リビングルームチケットについてはe+のみの販売となります。

問い合わせ:eplus LIVING ROOM CAFE&DINING 

TEL:03-6452-5650(平日11:00~18:00)

「40周年を前に、何故、このようなコアな内容のバンドをやろうと思ったの?」

浜松でお世話になった、バンドナイトスタッフの皆さんに聞かれました。

このLiveには、皆さん、相当なインパクトがあったようでした。

防衛のない本当の自分からの言葉を使って説明をすると、
「私という人間が生まれて来る時に忘れてしまった、
ミッシングピーセスをつなげて、私という姿を完成させたいが為。」

私の中に眠っているミッシンピーセスは、
必ずしも、POPSという表現で、
人々にわかりやすく表現される私ではないかもしれない。

「聖き彼の人」
という作品の中で、
私が探していたのは、
私自身だったのかもしれません。

離れ離れになったもう一人の自分を、
ちゃんとみんなに紹介したい。
そんな風に思いました。

記憶の隅で、置き去りにされたまま、
ポツンとそこに光がさすのを待っていた、
私の大切な作品たち。

その作品は、私から思い出してもらいたくて、
選ばれた音楽家たちに、
音によって魂を吹き込まれるのをずっと待っていた。

その全てが、
私を表現する私としての役割を担っています。

来年は、40周年を迎えます。
でも、私は、Popsだけをやっていたわけではない。

The Organ Bankという、私の音楽的アサイラム。
音楽の内臓貯蔵所。
安全な場所は、いつだってここにあるし、
苦しくなったら、ここで、息をすればいい。

この場所が確保されたら、
私は、思いっきり楽しい40周年のEPOを、
弾けて、楽しめそうな気がします。

2019年10月25日(金)
渋谷eplus LIVING ROOM CAFE&DINING 渋谷eplus LIVING ROOM CAFE&DINING (東京・渋谷) 

で、お待ちしております。