2017年8月18日

●清水信之さんと夏の思い出

会場にいらしてくださった、お客様の加藤正之さんからシエアさせていただきました。
 私のもう一つの地元、逗子にて、8月5日にライブがありました。

パートナーは、清水信之さん。
私の20代の頃の作品を中心にデュオでお送りするという企画。

エバーグリーンな信之さんのアレンジは、
とても魅力的でした。
当時、まだ、20代の初めだった私たち。

ピアノソロで演奏しても、
信之さんの頭の中には、アレンジの構成がしっかり記憶されていて、
 10本しかない指で、そのフレーズのほとんどを、
再現してくださいました。

 譜面は一切なし。
暗譜って!?すごいです。

そう、信之さんの頭の中には、
スーパーコンピューターが内蔵されているのです。笑。

私たちの前に、2組のアーティストの方々の演奏がありました。

私たちの前に演奏される方が、10人編成で、
コーラスや、菅の人たちや、とにかく音が豪華!
それを、本番の前に聞いているだけで、
音のダイナミクスに心が負けてしまいそう。

最初、私の出番が、10人編成の後と聞いて、
そこからいきなりデュオって、
大丈夫かしら?と、
とても、不安になりました。

 主催者に、一番最初か、もしくは、真ん中で、
やらせていただけないかと、
相談したところ、
「EPOさんの昔からのファンの方からの問い合わせが、
ものすごくたくさんあって、その中でも、デビュー以来、
初めて、清水信之さんとのデュオがここで行われるという、
ファンにとっては、特別なものなので、
 やっぱりトリで、歌っていただきたいと、言われちゃったよ。」
と、うさちゃんから報告を受けました。

本番までは、我が家でリハ。
近所にあるイタリアンレストラン、
レゼンツアで、小腹も埋めて。

本番が、始まったら、
四方八方、立ち見の方々もいっぱい。

一曲、一曲、染み入るように、
一緒に歌詞を口ずさんでくださる人の姿に、
本当に、泣きそうになりました。
信之さんもきっと同じ気持ちだったに違いありません。

しばらく、私は、20代の作品から離れていましたが、
AQUANOMEで、本当にやりたいことを表現できるようになってから、
とても気持ちが満たされて、
ようやく、過去の自分にも会えるようになり、
今は、完全に統合されたEPOになりました。

お客様の立場から書かれた加藤さんのレポートが素晴らしかったので、
当日、いらっしゃれなかったみなさまに、
シエアさせていただくことにしました。

信之さん、来年が、楽しみですね。うふふふ。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、オンステージ(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、水
画像に含まれている可能性があるもの:夜
加藤 正之さんが写真4件、動画1件を追加しました -- 宮川 永子さんと一緒です。

No End Summer 2017 逗子surfers
8月5日(epo, 国分友里恵, G.rina)

EPO
1.DOWNTOWN
2.私について
3.身代わりのバディー
4.朝のドライブ
5.ハーモニー
6.うわさになりたい
7.無言のジェラシー
8.音楽のような風
9.土曜の夜はパラダイス
10.愛を
11.うふふふ
(UC)
12.DOWNTOWN

EPOさん、やはり(と言っては何ですが)、本日のお三方中のトリでした。

Vo.EPOさんに清水さんのエレピという至極シンプルなデュオ編成でした。
清水さんはなんと譜面無しで演奏とのこと。「譜面が読めないからだよ」と言って流していましたが、凄い記憶力です。

それでいて、前のお二組の分厚いサウンドの後であったにも関わらず、
当時を彷彿とさせるようなコンビネーションで、会場はテンションダウンどころか盛り上がるばかり。

お話の中で、紆余曲折を経てポップスに戻った今、清水さんのアレンジの素晴らしさに改めて感動していると、モロ泣きする場面も。

「土曜の夜はパラダイス」といえばやはりひょうきん族、音楽や映像メディアの変化、後にEPOさんが「笑っていいとも」に遅刻した事件、それが同日のある事件により殆ど埋もれた事も一緒に語られました。

アンコールの拍手、予定外だったようで、ステージに戻りもう一度「DOWNTOWN」で盛り上がりました!

お三方とも、『Light&Mellow』な雰囲気を高揚させてくれるような、エモーショナルかつ躍動感あふれる音楽で夏の風景を盛り上げてくれたと思ってます。

ちなみに、終盤あたりで「擬似恋人達の夜」やろっかなというお言葉もありましたが、幻となりました!

私的備忘録ですが、来れなかった方々にシェアです。

2017年7月30日

●清水信之さんとデュオやります。

清水信之さんとデュオやります。

8月5日(土)逗子で行われる、『No End Summer2017』
いよいよ来週末が近づいてきました。

主催者の方の熱い希望で、
なんと、EPOの20代の頃の作品を中心に、
お送りすることになりました。

デュオで、その頃の作品が、再現可能なパートナー。

そうです。

急遽、私が最も尊敬するアレンジャー、ピアニスト、
都立松原高校の先輩、
 
清水信之さんがパートナーとして、
お付き合いしてくださることになりました。

当時のオリジナルアレンジの殆どは、
清水信之さん。

彼とのデュオはおそらく初めて。
天才的な記憶力の中に、
あの頃の作品コード一式、すべて入っているとのことです。

佐橋も、遊びに来ないかな。
達郎さんで、忙しいかな。

都立松原高校学園同窓会の打ち合わせもしたいしな。

と、この秋から来年にかけて準備中の、
大きなWAVEを予感させるLiveになりそうですよ。

みんな、来てね!



【この場所でやるから意味がある‼︎

🌊🌴オトナの夏フェス! Light Mellowの祭典 NO END SUMMER 2017🌊🌴

8/5(土)、8/6(日)に逗子のサーファーズにて、オトナの夏フェス「NO END SUMMER 2017」を開催いたします!
2日間‼︎ 朝から晩まで、アーバンリゾートなサーファーズでLight Mellow和モノをドップリお届けします🎶

シティポップって、いろんなシーンに分けられるけど、やっぱり夏のシティなポップって海じゃないですか?
それを実現するには、会場となる逗子のサーファーズしかないんです‼︎ 
その美しい夏の景色と開放感を是非体験してほしいと思います。
こちらでご確認いただける写真は、まさにLiveが始まる時間のものになります。本当に一生の思い出となることでしょう...。
しかも、出演アーティストによるLight MellowスペシャルLiveは、ここでしか観ることができません。是非この組み合わせを見逃す手はないと思います。
きっと伝説になると思われる、この2日間。みんなで盛り上げたいと思います‼︎

出演 
8/5(土)
EPO、国分友里恵、G.RINA

8/6(日)
芳野藤丸、濱田金吾、ナツ・サマー

詳しくは、こちら↓
noendsummer.com

2017年7月 3日

●満員御礼!ありがとうございました。

たくさんの皆様のサポートをいただき、

7月1日『AQUANOME ~真夏の夜の夢』無事に終わりました。

毎年、完売間近になっても、ご予約の問い合わせが尽きなかったため、

今年も、スタッフと会場の皆様と相談しながら、

座席を増やし、限界までご入場いただけるようにいたしました。


当日、会場には、たくさんのお客さまの神聖な声が響きわたり、

それはそれは素晴らしい場となりました。

感謝の気持ちを込めて、

参加下さったメンバーの方へ、お礼とご紹介をさせていただきたいと思います。



[ドラム 佐藤正治さんのこと]


普段は、亮さんとWパーカッションで演奏をお願いしていましたが、

今回、マサくんのアイディアで、

AQUANOMEに初めて、ドラムを導入。


最初、AQUANOMEにドラム?と思ったのですが、

リハで彼の演奏を聴いて、とにかくびっくりしました。


ドラムなのに、繊細、かつ、

表情豊かなリズム。自由な発想と、アプローチ。

これが、亮さんの音と混じり合って、

本当に、すごかった!!

同時に、彼の独特なVOICE も良かったですね。




COCORO*COのこと]


17年目のAQUANOME

今回、COCORO*COの4人の歌姫が新たにAQUANOMEに加わり、

CDの中の重厚なハーモニーの再現を試みました。


数人の友人からの感想ですが、

彼女たちが舞台に登場した瞬間から、

明るい光が、舞台にさして、


「今日は、特別な何かが起こりそうだ」という、

予感がしたそうです。


この4人のBeeingが放つ明るくて暖かい光。


彼女たちの明るさは、

作り物の明るさや光でないことは、

出会ってからすぐにわかりました。


皆、それぞれに痛みの体験を持ち、

その痛みは、歌や音楽で救われてきたといいます。

歌を信じ、音楽の愛で自分を癒してきた彼女たちは、

今、歌で愛を放つ人たちになっているのだと思いました。

彼女たち用に書き加えた新しいVOICEパートとアレンジもありました。


歌詞の繊細な意味を読み取り、

掘り下げていく時、

私も含めて、COCORO*COそれぞれにプロセスが起き、

エネルギーが変容していくのを確認しました。


「その状態で歌ってほしい。絶対に、同じ気持ちがお客様に伝わるから。」

私は、彼女たちに伝えました。

このエネルギーが、

4人が加わることによって、増幅したわけです。


それをもってみれば、

会場に響き渡る、私たちのVOICEが、

空間や、感情を動かさないわけがないことを、

いらした方々のほとんどが気づいていらしたと思います。


COCORO*COとは、

「心と心が通い合う」という意味だそうです。


[ギター 鬼怒無月さんのこと]


AQUANOMEを地球を航海する小さな船に例えるなら、

この2年の間に、メンバーがあたらな生き方を見つけ、

船を降りるという祝福すべき出来事がありました。


みんな、それぞれに、

ユニークで素晴らしい音楽家たちばかりでした。


新しい乗組員に、鬼怒無月さんという新しいギターリストを迎え、

私たちはまた大海原へと再び出発。


鬼怒無月さんについては、

以前、瀬木さんというサンポーニャの奏者の方のツアーで、

ご一緒したことがあり、

その時の印象が、かなり強く私の中に残っていたのと、


AQUANOMEのメンバーである、

バイオリンの江藤有希さんが彼とデュオをされていることも重なりました。


鬼怒さんにとっては、何もかも初めてのAQUANOMEだったと思います。

少し、変わった楽曲も多い中、

一曲、一曲、真摯に向き合ってくださり、

2年目のAQUANOMEでも、素晴らしい演奏をしてくださいました。

テクニックもさることながら、

彼は、メンバーの楽器の響きに侵食するポジションを避け、

アンサンブルを重視してくれるおかげで、

私個人としては、皆んながそれぞれに素晴らしい演奏をしていることが、

本当によく聞こえて、

どれぐらい歌いやすくなったことかわかりません。


今年は、鬼怒さんとのデュオもあり、

互いの呼吸の中で、私の楽曲をどこまで豊かに再現できるかを、

模索中する機会も持てました。


彼のアコースティックギターが素晴らしいことはもちろんですが、

エレキギターの音!!痺れましたね~。



[パーカッション 渡辺亮さんのこと]


出会ってから振り返ると、もう、27年です。

すごいな。

沖縄AQUANOMEのメンバーでもあります。

亮さんのセンスは、絵画的だったり、色だったり、

私は彼の音を聞くと目の前に、

懐かしい風景や、色を見ることがあります。

それは、亮さんが美大出身ということもあるのかもしれないけれど、

美しいものを、音に変換する装置のようなものを、

彼は体の中に持っているのではないかとも思うことがあります。

そして、亮さんは、ブラジルの天才パーカッショニスト、

天国にいるNANA DNA が日本人で唯一受け継がれている人。

DVDの中で鍾乳洞に響き渡る彼のビリンバウには、

ずっと鳥肌が立っていました。

今回も、私たちを大地や海や空や楽園へと、

導いてくれました。


[岩原智さんのこと(しとさん)]


しとさんAQUANOMEのオルジナルメンバー。

口数少ないけれど、私たちが迷いの渦に巻き込まれる時、

必ず、肝心なところで、きちんと方向を示してくれる、

賢者の役割です。

ベースから、時々、不思議な音が聞こえてきます。

譜面には書かれていない、その音で、

私自身、ぐっとグラウンディングを取り戻せることがある。

その響きとアプローチが、とても好きでした。

今回も、素晴らしいベースと、チューバを響かせてくれました。

チューバ、泣けます。

しとさんの表情はAQUANOMEの名前が意味する、

水と大地を守る地球の叡智、そのものでした。


[バイオリン 江藤有希さんのこと]


素晴らしい演奏家であると同時に、作曲家です。

才能にあふれたバイオリニストです。

彼女のバイオリンは、

私たちのサウンドにとって、言ってみれば、

もう一人の歌です。

AQUANOMEには弦の役割が大きく、

嵯峨さんとのコンビネーションの美しさには、

いつも感動で泣かされます。

弦楽器がこれほどまでに、感情を揺さぶる楽器であるとは!?

とにかく、リハから、こみ上げてくるものがあって、

私は大変なのです。


時に優しく、時に激しく、時にパッションに溢れたその表現と、

キレの良さ。

彼女には、苦手というジャンルはないんじゃないかと思うほど、

引き出しの多さには驚きます。

翌日は、ご自身のソロのライブも控えていらっしゃったのに、

本当に、感謝です。


[馬頭琴&喉歌 嵯峨治彦さんのこと]


もと鼓童の金子竜太郎さんと、

嵯峨さん、私の3人でRyu's Beatというユニットを組んでいた時からの、

お付き合い。

彼も、AQUANOMEのオリジナルメンバーです。

あれから、17年ということになります。

私は、馬頭琴の音色が、大好きです。

草原の風に揺れる草や、

土地に脈々と受け継がれる、民の歌や知恵、

彼の響きを聴くと目の前に懐かしい風景が浮かんでくるようです。

沖縄バージョンのAQUANOMEで、鍾乳洞の中に聴き渡る、

彼の馬頭琴と喉歌もみなさん、是非、聴いてくださいね。

クエストホールを一瞬にして、

その世界に色付けしてくれるの深い音..。

素晴らしかったです。


最近、喉うたで、大瀧詠一さんの作品をカバーするという、

アルバムをリリースした嵯峨治彦さん。

いつもながら、かっこいい馬頭琴と喉うた。

最近ちょっと野馬のようにワイルドになった嵯峨さんでした。



Voiceサポーターの皆様のこと]



ワークショップにご参加くださった、

Voice  サポーターの皆さま、

今回も、ご協力本当にありがとうございました。


歌の練習ではありますが、自分自身と向き合う時間..。

勇気を持って、ご自身の話をみなさんの前でシエアして下さった、

ボランティアの方へ、心より感謝をしています。

たくさん、笑って、たくさん、泣いて、

本当にかけがえのないいい時間でしたね。


最近、歌だけでなく、メンタルな部分のグループプロセスを、

メインに希望される声を、たくさんいただいています。


一度、検討し、場所や時期が決定しましたら、

是非、開催したいと思っています。

皆様には、この場を借りて、心よりお礼を申し上げます。


本当に、素晴らしい時間をありがとうございました。


[エンジニアのハルちゃんのこと]


私の歌を支えてくださっている最強の味方。

彼女とも、ほぼ、25年近いおつきあいとなります。

加藤晴美さん。

彼女がクレアジャパンに 在籍していた頃からのパートナー。

当時、女性の音響スタッフはとても珍しかったと記憶しています。

彼女はモニター担当で、ステージを走り回り、

すべてのミュージシャンに快適なモニター環境を作ってくれる、

当時から、天才的な技術者でした。

現在は、矢野顕子さんをはじめ、多くのアーティストのライブを手がける、

フロントのメインエンジニアとして、活躍中。

今回、彼女の教え子たちである生徒さんが、

14人もボランティアスタッフで参加してくださり、

このライブを支えてくださいました。


AQUANOMEを始めた頃は、その楽器の多さと、

特殊な音色をうまくサウンドとして作り上げるのに、

本当に大変だったと思います。

私たちと一緒に、船で航海してくれている、大切な、メンバーの一人。

彼女のサウンドがあることで、私は、常にその気になれるのです。



[プロデューサー演出 宮川雅彦のこと]


 4月のガンガラーから始まって、クエストに至るまで、

本当にありがとう!!

 6月に入ってからは、リリースの準備も重なって、

徹夜、徹夜が続いていて、お休みがありませんでした。

 アルバムカバーを担当してくださった北見隆さんと出会えたのも、

彼のおかげ。


 もう少ししたら、彼を本業の舞台に戻してあげたいなと思っています。

と、思いきや、すでに、来年1月に実現するプロジエクトが、

すでに動き出していて、また忙しくなるね。

 クエストホールのライブが終わって、とりあえず、

お疲れ様でした。







2017年6月23日

●自分を自分で見捨てちゃだめ。

沖縄は梅雨があけたらしいですね。
うれしい!

今日と明日は、葉山にて催眠療法とHealingのセッションです。

私たちは毎日、それぞれの、
オリジナルドラマを生きているんだなぁと、今日もしみじみ思いました。

私が家族から体験したドラマの筋書きも、
私の考え方や、思い込みが変わらない限り、そのシナリオを変えることはできませんでした。

私の得意技は、
悲しみや痛みが大きすぎるとき
感じることを麻痺させることでした。

私は大丈夫。
我慢できる。
私が我慢することで、
みんなが幸せならそれでいい。

私は皆んなのために強くなくっちゃ。

私はよく、そうやって、
自分の痛みを見捨て、
その場の相応しさを優先させることがありました。

だから、みんなが幸せかどうかは、
全て私の働きにかかっていると、
思い込んでいました。

その考え方で、
私は見えない痛みを自分に蓄積させていきました。

だけれども、
その考え方、思い込みは、
どうやらあまりいい発明品ではありませんでした。

笑。

子供の頃に作った、古くて稚拙な思考パターンを、
もっと自分に優しく、
幸せになれる考え方に、
催眠療法によって、修正してから、
私の人生はがらっと変わりました。

私たちの仕事は、
ドラマのなかで迷ったり、
溺れそうになっているクライアントの方々に、
息の仕方や、泳ぎ方、正しい地図の見方を思い出していただくお手伝いをする仕事なのかなと思います。

次回の集中セッションは、
7.22日を除く、
7.21日25日までの間になります。

ご希望の方は、eponica.netの中にあるmusic&dramaまで、
お問い合わせ下さい。

今日は、今まであまりみたことのないような、夕焼けの色でした。

画像に含まれている可能性があるもの:空、たそがれ、雲、海、屋外、水、自然

2017年6月21日

●大反響いただいています。

久しぶりに朝から青空がでましたね。
早朝の宜野湾、すごく気持がよかったです。

もうじき沖縄は梅雨明け?
うわさによると、23日か?24日か?
夏が来るのが待ち遠しいです。

今日から、数日、
葉山MUSIC&DRAMAのカウンセリングルームにて、
催眠療法&Healingのお仕事です。

退行催眠
前世療法など、今回は興味深いオーダーがあり、
私も楽しみです。

今回の二日間のセッションのご予約枠は、
全て完売していますが、
次回ご希望の方の、ご予約日につきましては、
7月22日前後の数日になる予定です。

初めての方も、継続中の方も、
どうぞ、お気軽に、
eponica.net、MUSIC&DRAMAまで、
お問い合わせください。

宮川雅彦枠、
EPO枠、とにもに、
ご予約可能です。

そして、数日前から、
DVD予約、スタートと同時に、
たくさんのお客様からの反響をいただいています。

初回予約限定として、EPOのオリジナル真っ赤なハートのイヤフォーンクリップを、ご用意いたしました。プレゼントは予定数に達し次第で終了となります。お急ぎくださいませ。

https://office012.stores.jp/items/593ebd24ed05e63db100348c

クエストホールのチケット予約はこちらです。

https://office012.stores.jp/items/58bfa9711a704bcf5c00178b

自動代替テキストはありません。