2018年2月12日

●3/23大阪でライブ!「EPO Special Quartet OSAKA」のお知らせ。

3/23「EPO Special Quartet OSAKA」のお知らせ。

最近、クラッシックや現代音楽の分野でも大活躍中の、
ベーシスト&コンポーザーの沢田穣治さん。

造形&アート&絵画&パーカッショニストとして、東で西で素晴らしい表現活動をされている、渡辺亮さん。

共に出会ってから、28 年の月日が流れました。

そこに、数年前からご一緒するようになった、
素晴らしいギタリストの鬼怒無月さんが加わります。

みなさんが大好きなEPO 作品に加え、
音楽的に、面白いEPO作品を加え、
すごく楽しいライブになると思います。
是非、いらしてくださいね。

場所は、大阪吹田にある、TAKE FIVE OSAKA。

3/23「EPO Special Quartet OSAKA」

会場:TAKE FIVE OSAKA(大阪府吹田市内本町2-2-5 旭トゥーレB1F)
http://www.live-takefive.com/events/epo-special-quartet

開場19:00 開演20:00
出演:EPO (Vocal) 沢田穣治 (Bass) 鬼怒無月 (Guitar) 渡辺亮 (Percussion)

チャージ:4500円

予約/問い合わせ:06-6319-0625

ビルボードライブとは違うEPOの世界を、
大阪限定Special Quartetでお贈りします。

気心の知れた皆さん、でもこのセットは新しい試み。
2018年ワクワクが止まりません。


画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト

2018年2月 9日

●いよいよ、今夜です!

あの感動を!再び!

いよいよ、9日(金甌日)今夜ですね。
みんな、聴いてね!

2/9(金)23:00-24:00 FM COCOLO765
「Billboard PREMIUM PLUS」DJ:KIYOMI
-0:19
再生1,544回
エポさんが動画を追加しました。

Newsです!
「おとな文化祭」先日のビルボードOSAKAの模様がオンエアされることが決定しました。(一部分ですが‥)
2/9(金)23:00-24:00 FM COCOLO765
「Billboard PREMIUM PLUS」DJ:KIYOMI
当日いらっしゃれなかった方にお福分け!
是非お楽しみください!!

2018年2月 8日

●EPO Trio de rêve@鎌倉 JAZZ CLUB DAPHNE

2月はお芝居。
3月は楽しいライブでいっぱいです。

古都、鎌倉でライブです。

数年前から一緒に音作りをしている、
ギターの鬼怒無月さん。
リズムのヤヒロトモヒロさん。

このトリオの時は、
私の作品の中でも、音楽家たちが面白がってくれる、
音楽的にちょっと面白いものを中心にお送りします。

スリリングな鬼怒無月さんのギターサウンドと、
躍動感あふれるヤヒロトモヒロさんのリズム。

このトリオの中で解放される自分のVoice パフォーマンスは、
私をいろんな世界に連れて行ってくれます。
多分、私の特技。笑。
お席に限りがあります。
 ご予約、お急ぎくださいね。


EPO Trio de rêve

会場:鎌倉 JAZZ CLUB DAPHNE
開場:18:00 開演:19:30
出演:EPO(Vo.P) 鬼怒無月(G) ヤヒロトモヒロ(perc)

料金:4000(飲食別)
予約/問い合わせ:JAZZ CLUB DAPHNE
                            info@jazz-daphne.jp 0467-24-5169

♪ 〜EPOからのメッセージ〜
2018年夢のトリオで新たな挑戦が始まります。
3人が奏でる極上のサウンドにご期待ください。
鎌倉と銀座を皮切りに、スタートです。

2018年2月 5日

●『沖縄演劇塾0期生』の公演があります。

俳優になりました。
お芝居は以前からずっとやってみたかった。

ミュージカルは2本ほど出たことがありますが、
ちゃんとした演出家のもとで、
お芝居を勉強してみたかったんです。

やってみたかったことは、
やってみたいと思ったときにやる。

哲学者、アラン・ワッツの言葉に心を鷲掴みされて、
昨年暮れから、思い切って、
沖縄演劇塾に入りました。

『沖縄演劇塾0期生』の公演が、
2.27日火曜日
2.28日水曜日
7時から、那覇の銘苅ベース(那覇銘苅203番地)で上演されます。

料金は¥2.000

素晴らしい女優さんたちに混じり、
私はEPOとしてではなく、
宮川永子という、本名で出演しています。

お芝居は、
アメリカの5大戯曲作家の中に入る、
ソーントン・ワイルダーの戯曲。

『フランスの女王』
『ロング・クリスマス・ディナー』
短編集を一気に読むように、
すごく面白いお芝居です。

私は、両方のお芝居に出演いたしますが、
すんごい老け役です。

自分の老後を想像しながら、
自分らしく、お芝居の中で、
私の未来を生きてみます。

チケットご希望の方、
16席、個人的にお預かりしています。
FBでしたら、メッセンジャーで、ご予約ください。
もしくは、サイト内のメッセージへ。

ご希望日と、人数をご記入くださいませ。


file://localhost/Users/apple/Desktop/IMG_4652.JPG



2018年1月10日

●お芝居にでます。

アメリカを代表とする作家、ソートン・ワイルダー氏の
『ロングクリスマスディナー』という作品に出演します。
昨年の終わりから、沖縄文化芸術の箱というところにできた、
演劇塾の生徒になりました。
塾長は俳優であり、脚本家、演出家の宮川雅彦。
宮川の丁寧な演出。
連日深夜までに及ぶ、読み合せが続いています。
「台本に書かれた言葉から、物語の背景を読み取る。」
そして、なるほどと思ったのは、
「芝居というのは、誰かになろうとすることではない」
ということ。
全ては自分の無の状態、無の場所
から..。

BBSHで習ったところの、Voidという意識。
そこから、始まるのだということ。

その人物として、その人物の人生を疑似的に生きる訳だけれど、
その人物は、自分自身でもあるという作り方。

作為のないアプローチ。
うーむ。難しい。
でも、とっても勉強になります。

2018年 2月27日、28日
19時開演@アトリエ銘苅ベース(那覇市銘苅203 番地)
一般 2000  円  高校生以下 1000 
 チケット購入、予約、ご興味のある方、eponica.net メッセージボックスまで、
 ご連絡ください。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内