2019年3月17日

●速報!3.30日(土)プライベートライブのお知らせ

友人のララリーヌ先生の地元にある福祉サロンで、

プライベートライブが決定しました。


限定30席というレアなライブです。
久しぶりの完全ソロです。
今からわくわく。
心のお話など、トークを交えながら、
皆さんと場を作っていきたいと思っています。
ご予約、お急ぎくださいませ。

日にち:2019年3月30日(土)
時間 :16時30分開場、17時開演(19時終演予定)
タイトル:「さよならウェルカム!スペシャルライブ!」

場所:カフェ・ウェルカム(母体組織 NPO法人・NPO福祉サロン)
東京都練馬区下石神井1-18-21 
予約、お問い合わせは、電話かメールでお願いします。

Tel03-6913-4918
https://www.facebook.com/communitycafe.welcome/


普段、あまりライブでやらない楽曲などの弾き語りとなります。

心のお話などのトークを交えながら、

皆様からの質問にもお答えしながら、ライブを進めて行きます。

ご予約、お急ぎくださいませ。


コミュニティカフェ・ウェルカム Cafe Welcomeさんの写真

2019年3月14日

●引き寄せたいものは、 自分の周波数によって決まります。

MUSIC&DRAMAより


MUSIC&DRAMAのご予約が、かなり混み合っており、

ご予約枠のご案内ができず、ごめんなさい。


おひとり、おひとり、

丁寧にお目にかかりたいので、

1日にお受けできるのは、

おふたりまでとさせていただいています。


私が沖縄から葉山に戻れるスケジュールとの兼ね合いもあるため、

調整にお時間がかかっていて、

お待たせしている継続中の方、

新規の方、本当に申し訳ありません。


2019年は、いろんな意味で変革の年なのでしようか?


これまでの思い込みによる自分に対する制限や、

恐れを外し、

本来の自分に戻ろうとするエネルギーが、

私の周囲でも渦巻いているように感じるこの頃です。


そのまま、同じような違和感を抱えながらも、

親しみのある場所に踏みとどまるのか?

それとも、


「ここは、私がいるべき場所ではないのかもしれない」

と、自覚するかで、


それぞれの未来が分かれてゆきます。

そして、周波数が変わる。


周波数が変わると、その周波数に合った人や、

ものや、考え方や、場所に出会うようになります。


引き寄せたいものは、

自分の周波数によって決まります。





2019年3月 9日

●cooljojo +Artにて鬼怒さんとデュオです。

3月15日 
千葉県、本八幡にて、久しぶりに鬼怒無月さんとデュオです。

ご予約は、080-2624-0879 cooljojo +Art

2015年まで、私は、

「このままでいいのか?このままでいいのか?」

という自問自答を繰り返していました。

これまで自分に制限を与えていた考え方を手放し、
私は大きな深呼吸をして、広い世界に出発しました。

例えていうなら、
愛着のある古い制服を着に戻ることは、

もう二度とないでしよう?

というか、私のエネルギーフィールドは、
かなり音楽的にも大きくなってしまったので、
大好きだった、あの服はもう入らないだろうと思うのです。
そのシフト地点で出会った鬼怒さんが、
19年目に入った、
AQUANOMEにも四年前から加わり、
全体のサウンドの要となりました。

その鬼怒無月さんとの極上のデュオをお楽しいいただける、
三日間が、千葉県の本八幡から始まります。

再度、ご予約は、080-2624-0879 cooljojo +Artまで。


2019年3月 2日

●境界性パーソナリティーの母親を持つ人たちのカウンセリングが続いています。

境界性パーソナリティーの母親を持つ人たちのカウンセリングが続いています。

一人一人に、壮絶なストーリーがあり、皆さんが、

どんなに辛い体験をしてこられたのか、容易に想像ができます。


自分の親のことだから、人に言えなかったという方がほとんどでした。

「親が、そんなことするわけがない」

大抵、子供は、他人からそのようにあしらわれ、

心の痛みや不安に親身に寄り添ってもらえない経験をしています。

多くの方々が、傷ついた心を抱えたまま、仕方なく、

自分で自分の面倒をみるということを、

強いられて来ています。

私もその中の一人でした。


その母親に対して、異論を唱えたり、

感情を表現すれば、倍にもなってかえってきます。


母の、あまりに歪曲された話に耳を傾けるのもバカバカしくなり、

相手にしないと、

母は、自分の不安感や思い通りにならないことへの怒りを、

他人にぶつけることがありました。

その度に、巻き込まれた友人や、仕事仲間に対し、

いちいち真実を弁解して回ることに疲弊する日々でした。


私は、大人になってからも、理不尽な出来事に対して、

自分の気持ちを見捨てることが多くなりました。

思い返せば、困難を感じた人間関係のほとんどが、

私が本当の気持ちを見捨てたことによる痛みから

始まっていたようにも思います。


母の異常なパーソナリティーが何によるものなのか、

当時は、情報もなく、

他者と共有できる機会もなかったので、

私は出口のない迷路の中で、

心を曇らせる日々でした。


もしも、あの時、同じような家族を持つ仲間と出会えていたら、

母の病的な情動に対し、一人で背負わなくてもよかったのかなと思います。


境界性人格障害、自己愛性人格障害傾向にあると思われる、

家族を持つ方々のための、グループセッションを、

企画しようと思っています。

ご興味のある方は、

ぜひ、MUSIC&DRAMAまで、メッセージください。

人数が揃い次第、場所と日程を決めたいと思います。



2019年1月21日

●おんちゃんのご長寿珍回答!笑った!

「いろいろ世話になりました。何よりも、

二人が仲睦まじかったことが、とても嬉しい。

心のこもったおもてなしを本当にありがとう」

年末から、お正月、我が家に遊びにきてくれた、

80歳になるおんちゃんから、

嬉しい手紙が届きました。

 宮城県の泉区でひとり暮らしをしている80歳になる叔父。

叔母が怪我をして施設に入っているので、

自分も、もうそろそろ、施設に入ろうかなどと言い出しているところだったのですが、

お正月に、他の兄弟たちや、私たちの友人たちと連日飲み交わして、

楽しいく過ごしたことで、またやる気を取り戻してくれたみたいで、

とても嬉しかったです。

 この叔父なんですが、物や、俳優や、芸能人の名前、

もしかしたら私よりも、詳しいかもしれません。

世の中で起きていることを、ちゃんと感じて、

記憶しており、かなり冴え渡っています。

 何より、私が嬉しかったのが、沖縄の歴史や、

基地のことや、辺野古のこと、

沖縄に深い共感を持っていてくれたことです。

 ある日は、南部戦跡に行きたいというので、

夫のうさちゃんが、車でご案内してきました。

彼は、もともと弁護士になりたかったそうなのですが、

現役時代は、大手会社取締役も務めたエリートだったそうです。

 頭の回転が早く、うさちゃんのつっこみに、

さらにおもしろい返しをしてきます。

彼は、私の大ファンで、ライブがあると夫婦で、

必ず来てくれました。

 お正月、元旦、みんなで食事をしているときに、

突然、彼がこう言いました。

「永子が歌った、あの、なんだっけな?

ざわざわっとする、あの歌!ありゃ、いいな。私は好きだぁー。」

はて?ざわざわっとする、歌とは?

鳥肌のことか?鳥肌が立って、

ざわざわするぐらい、よいという意味なのか?

普通、ざわざわすると言われたら、いろんな想像がめぐりますよね?

テーブル一同、固まり、沈黙。

そして、みんなの頭の上にハテナ??

「おんちゃん、もしかして、サトウキビ畑って、歌のこと?」

と、私が言うと、

「そーだ、そーだ、あんだが歌ったやつは、ありゃ、いいっ!」

と、ざわざわっとする歌を、褒めてくれました。笑。

「おんちゃん、ざわざわじゃなくて、ざわわ、ざわわ、ざわわ、でしょ?」

「あー、そうそう!それだったな。」

このお正月、おんちゃんの、一言一言が、

ご長寿クイズ、珍回答のようで、ずっと

笑いが絶えませんでした。

佐藤家、本当に、明るいです。

 亡くなった、私の父が、人や田舎の兄弟たちに対し、

常に気遣いの人だったということや、

私には、なんと二十七人の従兄弟がいること、

知らなかったことがたくさんわかりました。

叔父たちの表情の中に、私の父の面影が重なりました。

心温まる、素晴らしい2019年のはじまりでした。